ペンション!旅館!伊豆半島を遊びつくせ!!



広告/

伊豆半島について

伊豆半島(いずはんとう、Izu peninsula)は、日本列島のうち本州(本州島)の南東部に位置する半島。

行政上は静岡県の東部地域の一角をなす。明治以前は伊豆国として東海道の1国を構成していた。 静岡県東部、太平洋に突出し、相模灘(さがみなだ)と駿河(するが)湾とを分ける半島。南北約50キロメートル、東西の最大幅は35キロメートルに達し、面積約1500平方キロメートル。半島の基部は、熱海(あたみ)市と函南(かんなみ)町とを結ぶ丹那(たんな)トンネルの通過点にあたる。かつては伊豆国をなし、東の相模とは箱根や湯河原火山の稜線(りょうせん)で接し、西の駿河とは三島市を流れる旧大場川流路と境川がその境界であった。行政的には熱海、伊東、沼津、三島、下田(しもだ)、伊豆、伊豆の国の7市と、田方(たがた)郡函南町、賀茂(かも)郡5町が含まれる。なお、伊豆諸島は1878年(明治11)に東京府に移管され、伊豆半島北西部の君沢郡は96年に田方郡と合併した。

日本を代表する温泉地帯である。数多くの漁港を抱え、新鮮な魚介類が獲れる。また山間では山葵(わさび)やわさび漬けなどの名産品や、イノシシ鍋などの郷土料理もある。

早くから日本有数の観光地域でもあったが、戦後になって大手資本による大規模な開発合戦も行われた。代表的なのは東急と西武の開発競争で、東急は1961年に伊豆急行線を下田まで開通させ、西武は伊豆箱根鉄道駿豆線を軸に、陣取り・誘致合戦を繰り広げた。特に伊豆急行開通後の東伊豆の観光地・別荘地化はめざましいものがあった。

地理

静岡県の東端部に位置し、南へ約50km突き出した駿河湾と相模湾を隔ている半島。一説には、南海に突き出ているので、「伊豆」と呼ばれるようになったと言われる。

伊豆半島の地殻はフィリピン海プレートの最北端部に位置しており、この海洋プレートが北上することによって本州側の北アメリカプレートを押し上げている。そのため、当地域は地震多発地帯となっており、各地に温泉が湧く。伊豆諸島の島々と同様、元はフィリピン海プレート上の南方で生まれた島であり、そのことから、植物相は本州島とは異なる南方系を形成している(詳しくは「#成り立ち」を参照のこと)。

全域にわたって山地が大部分を占めており、平野は少なく田畑の広がる風景もあまり見られない。市街地は狭く、海岸沿いの低地や谷に住宅が集まる。東側は三浦半島とともに相模灘を囲み、西側には駿河湾がある。最南端は石廊崎であり太平洋を臨む。なお、フィリピン海プレートの東端に載る伊豆諸島や小笠原諸島から沖縄県の各諸島までの海域は、太平洋の一海域であるフィリピン海の一部であるが、この名称はあまり使用されていない。

また、伊豆半島は山が険しく人の手の入らない箇所が多くあり、海岸線と天城山などの中北部の山稜が富士箱根伊豆国立公園の一部に指定されている。

主要な地形

伊豆半島の地域

半島内の地域はそれぞれ、西部を西伊豆(にしいず)、中北部を中伊豆(なかいず)、東部を東伊豆(ひがしいず)、南部を南伊豆(みなみいず)と称する。天城山付近は、太平洋からの湿った風が吹き寄せるため、国内有数の多雨地帯である。西伊豆は、天城越えの乾いた風が吹くため、雨が少ない。

伊豆半島の観光ガイドでのエリア区分例(四分割)

東伊豆 熱海市、伊東市、東伊豆町 中伊豆 三島市、函南町(日守地区は除く)、伊豆市の一部(旧修善寺町、旧天城湯ヶ島町、旧中伊豆町)、伊豆の国市(旧伊豆長岡町、旧大仁町、旧韮山町) 西伊豆 沼津市の一部(内浦地区、西浦地区、旧戸田村)、伊豆市の一部(旧土肥町)、西伊豆町、松崎町 南伊豆 下田市、南伊豆町、河津町

伊豆半島と温泉

伊豆半島は日本有数の温泉地帯です。日本の温泉法では地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気やその他のガスで25度以上の温度を有するか、ガス性のものを除く溶存物質を1㎏中に1000㎎以上含有するか、温泉法で指定された18種類の物質の一つ以上から設定された基準値以上を含有するものが温泉です。

伊豆半島の温泉の効能
単純温泉
含まれる化学成分が少なく無色透明・無味無臭のものが多い。身体への刺激が少ないため高齢者でも安心して入浴できます。日本で最も多く見られる泉質です。
塩化物泉
単純温泉と並んで 日本に多くある泉質です。入浴後 皮膚に塩分が付着し 汗の蒸発を防ぐため保温効果があります。
硫酸塩泉
マグネシウム、カルシウム、ナトリウムなどを多く含有しているため、火傷や創傷に効き 動脈硬化の予防にも効能があります。
硫黄泉
多量の硫化炭素ガスを含有しているため卵の腐ったような匂いと白獨色の湯が特徴。毛細血管を広げ 血圧を下げる作用があります。
含鉄泉
炭酸鉄や硫酸鉄を含有しているため湧出時は透明ですが、空気に触れると錆色に変色します。
伊豆半島の温泉の種類
伊豆半島内の温泉の泉質と効能
温泉名 泉質 効能
伊豆湯河原温泉 塩化物泉 神経痛・リウマチ・婦人病・胃腸病など
伊豆山温泉 硫酸塩泉 神経痛・リウマチ・創傷・火傷など
熱海温泉 塩化物泉 リウマチ・婦人病・皮膚病・冷えなど
網代温泉 塩化物泉 神経痛・リウマチ・皮膚病・婦人病・冷え症など
宇佐美温泉 単純温泉・塩化物泉 神経痛・リウマチ・高血圧・疲労回復など
伊東温泉 単純温泉 神経痛・リウマチ・疲労回復など
城ヶ崎温泉 単純温泉・塩化物泉 神経痛・創傷・皮膚病・婦人病など
伊豆高原温泉 単純温泉・塩化物泉 神経痛・創傷・皮膚病など
浮山温泉 アルカリ性単純温泉 神経痛・疲労回復・美肌効果・婦人病など
赤沢温泉 単純温泉 神経痛・筋肉痛・関節痛・疲労回復・創傷など
今井浜温泉 塩化物泉 神経痛・リウマチ・皮膚病・婦人病・創傷など
河津浜温泉 単純温泉 神経痛・リウマチ・婦人病・創傷など
谷津温泉 塩化物泉 神経痛・胃腸病・創傷・痔疾など
峰温泉 硫黄泉 神経痛・リウマチ・胃腸病など
湯ヶ野温泉 塩化物泉・硫酸塩泉 神経痛・皮膚病・婦人病など
小鍋温泉 塩化物泉 神経痛・皮膚病など
大滝・七滝温泉 単純温泉・塩化物泉 神経痛・リウマチ・創傷・胃腸病など